2019年度 定時総会 開催概要

<開催日時>

 2019年6月20日(木)13:30~18:30

<開催場所>

 第一ホテル東京 (東京都港区新橋1-2-6)
  ※JR・東京メトロ銀座線「新橋駅」より地下歩道にて直結、徒歩約2分
  ※都営浅草線・ゆりかもめ「新橋駅」より徒歩約5分
  ※都営三田線「内幸町駅」より徒歩約3分
  ※都営大江戸線「汐留駅」より徒歩約10分

<スケジュール>

 ◎定時総会  (13:30~15:20、4階プリマヴェーラの間)
  1) 会長挨拶
  2) 議事
    第1号議案 2018年度事業報告書(報告事項)及び決算報告書承認に関する件
    第2号議案 協会名称変更に伴う定款変更(案)承認に関する件
    第3号議案 理事・監事改選(案)承認に関する件
   報告事項
    2019年度事業計画書及び収支予算書
    2018年度公益目的支出計画実施報告書
  3)来賓祝辞

 ◎記念講演会 (15:30~17:00、4階プリマヴェーラの間)

 ◎懇親パーティ(17:00~18:30、5階ラ・ローズの間)

記念講演会 演題 :
 
新時代の成長戦略~生産性は「人」で決まる

記念講演会 講師 :
 飯田 泰之(いいだ やすゆき)氏 
  明治大学政治経済学部准教授

 2019.soukai iida

<講師プロフィール>
1975年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学経済学研究科博士課程単位取得退学。駒澤大学経済学部専任講師・准教授を経て現職。
財務省財務総合政策研究所上席客員研究員、総務省自治体戦略2040構想研究会委員、内閣府規制改革推進会議委員、総務省基礎自治体による行政基盤の構築に関する研究会委員を歴任。
専門は日本経済・ビジネスエコノミクス・経済政策・マクロ経済学。
近著は、『経済学講義』(ちくま新書)、『マクロ経済学の核心』 (光文社新書)、『これからの地域再生』(編著、晶文社)など。

著書(主なもの)単著:
 『新版 ダメな議論』(ちくま文庫、2018年)
 『経済学講義』(ちくま新書、2017年)
 『マクロ経済学の核心』(光文社新書、2017年)
 『NHKラジオビジネス塾 日本がわかる経済学』(NHK出版、2014年)
 『NHKラジオビジネス塾 思考をみがく経済学』(NHK出版、2014年)
 『図解 ゼロからわかる経済政策』(角川書店、2014年)
 『世界一わかりやすい経済の教室 』(中経の文庫、2013年)
 『思考の「型」を身につけよう 人生の最適解を導くヒント』 (朝日新書、2012年)
 『飯田のミクロ 新しい経済学の教科書①』 (光文社新書、2012年)
 『ゼロから学ぶ経済政策-日本を幸福にする経済政策の作り方』(角川Oneテーマ新書、2010年)
 『世界一シンプルな経済入門―経済は損得で理解しろ!』(エンターブレイン、2010年)
 『考える技術としての統計学 生活・ビジネス・投資に生かす』(NHKブックス、2007年)
 『歴史が教えるマネーの理論』(ダイヤモンド社、2007年)
 『ダメな議論-論理思考で見抜く』(ちくま新書、2006年)
 『経済学思考の技術-論理・経済理論・データを使って考える』(ダイヤモンド社、2003年)

共著:
 『これからの地域再生』(編著、晶文社、2017年)
 『地域再生の失敗学』(木下斉氏、川崎一泰氏、入山章栄氏、林直樹氏、熊谷俊人氏との共著、光文社、2016年)
 『エドノミクス 歴史と時代劇で今を知る』(春日太一氏との共著、扶桑社、2014年)
 『夜の経済学』(荻上チキ氏との共著、扶桑社 2013年)
 『リフレが日本経済を復活させる』(岩田規久男・浜田宏一・原田泰編、中央経済社、2013年)
 『農業で稼ぐ経済学』(浅川芳裕氏との共著、PHP研究所、2011年)
 『脱貧困の経済学-日本はまだ変えられる』(雨宮処凛氏との共著、自由国民社、2009年)
 『経済成長って何で必要なんだろう?』(芹沢一也・荻上チキ編、光文社、2009年)
 『ゼミナール経済政策入門』(岩田規久男氏との共著、日本経済新聞社、2006年)
 『論争日本の経済危機--長期停滞の真因を解明する』(浜田宏一・堀内昭義・内閣府経済社会総合研究所編、日本経済新聞社、2004年)
 『昭和恐慌の研究』(岩田規久男編、東洋経済新報社、2004年)